読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第五話 Ohm

国が変われば色々とかわる。

よしと思っていることが違う場合もある。

ということで上海に行ってました。

今まで何度も飛行機に乗ったけど、The Beatlesのような感じで降りるのは初めて。

f:id:hynm_murata:20140608020742j:plain
 
まあ、飛行機はともかく上海自体はかなり行ってなかったのでここ近年の発達、特に万博以降の状況がみたかった。
 
結論からいうと「スゲ〜!」。
 
全然自分の知ってる上海と違います、、、
流石に国際都市です。
高層ビルの建築ラッシュで大都会。
いろんな意味でかなり洗練されてます。
 
ほんとに。
 
で、個人的にはかなりいろんなことに大苦戦しました。
 
特に語学。
 
英語は苦手っちゃあ苦手なんだけど、それでも今までの海外の中で一番苦労したし、全くといっていいほど通用しない。
 
特に現地の卸問屋とかだと厳しい。
 
百貨店や欧米人が立ち寄るお店以外の場所にいくとほぼアウト。
f:id:hynm_murata:20140608022251j:plain
 
例えば上の写真は問屋街なんだけど、中に入って色々と物色。
 
いろんなものがあるんで楽しいし、値段や在庫等も含めて知りたいことがいっぱいあるのだが、言葉が難しくなかなか前へ進めない。
 
紙とペンを持ち、iPhoneを電卓モードにして交渉スタート。
これは結構苦痛だったけど楽しかった。
 
びっくりしたことは、タクシーを降りる際に清算していて、自分が支払い中でもお構いなしで違う客が乗ってくるし、電車に乗る際も空いてる席があれば降りる人よりも先に猛ダッシュで突っ込んでいき、椅子取りゲームのように座る人が多いこと。
 
怖かったことは、外見とはうらはらなエレクトリックな二輪の無音の乗り物が普及しているので、それが信号も歩道も関係無く突っ込んでくること(笑)
もちろん夜間は無灯火で走っているのがとても多く、気にしてないと轢かれそう。
 
困ったことは、世界のVISAが使えないお店が多いこと。
(行く店にもよるけど、通常レベルのお店は使えないと認識してる方がベター)
 
facebookは見れませんし、Google関係はほぼアウト。
Wi-Fi端末を借りなかったらかなり辛いことになるでしょう。
 
という感じですかね。
行く予定はあるけど行ったことが無い人なら、お金は多少多めに換金して持っていくことをお勧めします。
 
で、この旅もそうだけど、こんとこずっと聴いているのがYo La Tengoのアルバム"Fade"
 
そのオープニングナンバーである"Ohm"を聴きながら色々と思うのです。
 
ほんとに時間は無駄に出来ないなと。
 
時には不条理なことももちろんあるし、平常心を保てないこともある。
物事が解決していなくても時間は経つし、明日はやってきます。
例えそれが良い方向に解決しなかったとしても、くよくよしてても仕方ないのです。
 
ほんとにそう思う。
 
いい歌です。
(だってYo La Tengo
PVも最高です。
(だってDonick Cary[Lil' Bush]
プロデュースも最高です。
(だってJohn McEntire[TORTOISE]
このアルバムは傑作です。
(だっていい曲多いもん)
 
 
Style is everything