第八十話 Cultivate.2 (Mug)

もう十月も中旬を周り秋を感じれる気候になりました。

 

昨日、先輩とも話てましたがこれぐらいの気候がカリフォルニアのようで一番好きです。

 

湿度もカラっとしているおかげで洗濯物も時間はかかるけど屋外で乾くし、何よりエアコンも最小限だし、少し肌寒い日は洋服も軽めの羽織でOKだから肩こりもマシ。

 

ホント、いい季節です。

 

食事もおいしい季節です。

 

食事といえば盛り付けるのに必要なのは器ですよね!

 

ハイ!結局は器がメインのお話ですね(笑)

 

ウェア(服)からウェア(器)中心の生活に変わって思うんですけど、「インスタとかあげないしテーブルウェアは安いのでいいや」とか、「どれもそんなに変わらないでしょ?」とかって思ってる人も多いと思うんですよね。

 

でもそれって「今日着る洋服も履く靴も鞄もなんでもいいや」とか、「携帯本体もキャリアもネットのプロバイダーもどうでもいいや」とか「食べ物なんてお腹膨れりゃいいから何処で食べてもいいや」っていうのと同じだと思ってます。

 

なぜ洋服とかは気にするのに器は気にしない人って多いんでしょう?

 

多分、SNSで写真を撮ってアップしたりしない限り、その場に居てる人以外には見えないからだと思うんです。

 

見せなくても支障がないと言うコトもあるでしょう。

 

見えなければ見栄は張らなくていいといえばいいのでしょうか、そういうものなのかな?

 

「見せたいから、見られるからちゃんとしなきゃ嫌」というのと、「見せないし、見えないからなんでもいい」は見栄が関係してますし「靴下や下着はあんめり見えないからなんでもいいや」っていうのと全く同じで、そういうの僕は苦手なんです。

 

ちょっと考えてみますが、どうしてコーヒーといえばみんなス◯バなんでしょうか?

 

確かにス◯バは美味しいですし僕も飲みます。

 

でも美味しいコーヒーって他にもいっぱいあると思うんです。

 

テイクアウトに拘ったコーヒー、焙煎方法や水といった材料に拘ったコーヒー、景観などのシチュエーションに拘ったコーヒー、容器に拘ったコーヒーなど、素材はもちろん、飲む場所や空間も味の一つですし、容器も同じく味の一つです。

 

そういったこと全てに拘ってるコーヒーショップもあります。

 

うまく文章で伝えれていませんが、僕は家で飲むコーヒーが好きです。

 

普通に安い粉コーヒーでもお気に入りの器で飲むのは美味しいです。

 

時間も使ってもっと美味しいコーヒーを拘って入れるともっともっと美味しいです。

 

コーヒーに限らず、お水もお酒もジュースも紅茶もお気に入りの器、手しごとの器で飲むと美味しいですよ。

 

モノづくりしてるヒトや作ってなくてもモノに拘るヒトには、良いモノをちゃんと使って欲しいし、何よりも知って欲しいんです。

 

既製品の洋服(製造工程の多いものを除く)と比べてみて、器を一つ仕上げるのに掛かる手間と時間を考えてみましたが、比べれません。

 

僕が思うに正直、高くないと思います。

 

アパレルブランドや小物ブランドのプリントマグカップ(既製品の無地マグカップに色やプリントを入れただけのもの)でも2〜3千円くらいはするんじゃないでしょうか?

 

当然、1千円くらいであったり、100均とかそういった安いものもあるかと思いますが。。。

 

手しごとも同じような価格です。

f:id:hynm_murata:20181019173753j:plain

決してハードルは高くないですよ。

 

ということもあって、以前より要望をいただいておりましたオンラインストアをテスト始動致します。

 

現在は選んでいただけるものも数量が少量しか在庫がございませんし、CONTACTのお返事や商品の発送など、色々と不手際あるかと思いますが初めてのコトですので申し訳ありませんが、ご了承ください。

 

興味のある方はこちらか上のオンラインストアという文字をクリックいただくか、サイドバーOnline Storeからいつでも飛べます。

 

といったことを含め、色々考えてみても手しごとの器に興味を持ったらマグカップはおすすめです!

 

そしてそのマグカップで家コーヒーや紅茶、ジュースや水など色々飲んじゃってください!

 

マグカップなら自分1人でも始めれるし、プレゼントにも最適です。

 

Tシャツ1枚買うお値段で下手すれば2つくらい買えちゃうんじゃないでしょうか?

 

そしてマグカップ以外の自分の好みはその先に見つけてくれればいいんです。

 

そうやってこころのあるモノの良さを発見し、認識してください。

 

こころのないものは消えていきます