第八十五話 Hey, ho, let's go サ・ヨ・ウ・ナ・ラ

ずーっと着てる「服」ってありますか?

 

学生の頃はピカデリーのエラスティスとかリーバイス606を穿いてました。

 

もちろんライダースもファスナーをギュッと閉めて着てましたよ。

 

大人になって少し前までいろんなスキニー穿いてたのが嘘みたいに穿けませんし、ライダースなんて苦しくて重たくてなかなか着れません。

 

あ、照れもあるけど太ったんですよ(笑)

 

クロゼットからSEDITIONARIESのTシャツが出て来たんで、着てみたらお腹ムチっの丈感はジョニー(こっちのジョニーね)。

f:id:hynm_murata:20190716132419j:plain

ジョニーも晩年は太ってました。

 

僕のお腹ももう、なかなか凹みませんが、基本持ってる(着てる)バンドTは90年代がメインだからXLが多く、意外と問題ありません。

 

と、うだうだ書いて前置きも長くなりましたが、新しいプロジェクトを始めます。

 

これは昨年立ち上げた「KOKORO」とはまた別のお話。

 

台風の目になればいいなと思っているプロジェクト。

 

言いたいコト、書きたいコトはいっぱいあるけど、今は言えないし、まだ書けない。

 

でもKOKOROを始めたから、以前よりも深く考えれたコトです。

 

新しいモノに包まれた日々がスタートして一年ちょっと経ちました。

 

新しいコトを始めるのに二年ちょっとかかりました。

 

発表まであと一年弱?というコトは来春夏?間に合うの?(笑)

 

とにかく、いろんな仲間の存在が大きかった二年半。

 

人に必要とされるコトの喜びや、助けてもらえるコトのありがたみをしっかり感じました。

 

失ったモノもいっぱいあるし、手に入れたモノもいっぱい。

 

割合はイーブンじゃないし、新しく背負ったモノもあります。

 

「モノ」は「物」であったり、「者」でもあったり、いろいろ。

 

三月には沖縄カルチャー誌の「おきなわいちば」でも掲載いただきました。

f:id:hynm_murata:20190717091005j:plain

 

ついでに、僕が昨年から結びに使ってた「こころのないものは消えていきます」というフレーズは、「どんなモノ(流行やその場しのぎのモノなど)でも、こころ(想い)がないものは短命に終わり、いつか消えていくやん」っていう、先輩(トモダチ)との会話の中から出てきた言葉です。

 

そういったコトや繋がりもあって「心」も「KOKORO」のロゴも先輩の手書き文字ですし、想いに拘ったモノをお取扱いさせてもらってます。

 

もちろん僕の「今」や「これから」のコトにも関係しています。

 

あ!

 

近々ですが、先輩の個展のお知らせです。

 

f:id:hynm_murata:20190716134737j:plain

メロウでピースフルな豊田弘治のサーフアート作品展を期間限定二日間のみ開催致します。 ご家族、お友達をお誘い合わせの上、是非ご来場下さい。

※ もちろん先輩も僕も二日間、在廊しますので、是非!

 

代表的なあのアートワークをプリントしたTシャツも個展会場とKOKOROで発売します(会場では当日発売、KOKOROは二十九日以降発売)。

 

最後にコチラ、HOUYHNHNMで僕が、書くのはコレで終わり。

 

みんなに読んでもらえる場所で書くのも素晴らしい経験だったし、いろいろとお世話になりっぱなしの五年間、全八十五話でした。

 

「暮らし」や「手仕事」に興味があれば各種SNSをフォローしてください。 

Instagram

Facebook

本当にありがとうございました。

 

 

以上。

 

最後はちょっと詰め込み気味で長め(笑)

 

やっぱBlitzkrieg Bopはメロディーだけじゃなくて歌詞がいいね。


サ・ヨ・ウ・ナ・ラ

 

youtu.be